​ぶぶぶママ大学 活動の思い

            の名前の意味からお話しします。

 

 

     

 

      1つ目の『ぶ』は遊ぶのぶ。

あかちゃんとのあそび方をご紹介しています。

楽しく遊んで笑顔を引き出せると嬉しくなりますね。

あかちゃんとのスキンシップ遊びではママからもパパからもオキシトシンホルモンが分泌され、親子の絆が作られます。

あそび方を知ることで育児がより楽しく豊かな時間になります。

      2つ目の『ぶ』は学ぶのぶ。

ぶぶぶママ大学は、おなかの中からの子育てをおすすめしています。

たのしい胎教からおなかのあかちゃんとコミュニケーションやスキンシップを取り、親子の早期愛着形成を築いていきましょう。

そして出産後、すぐに育児がスタートします。

あたは「妊婦さん」から「ママ(母)」になります。

産後の育児での悩みの多くはあかちゃんが泣くことの対応です。

あかちゃんはしゃべれないので泣いて快や不快を教えてくれます。

すぐに泣き止むこともあれば、なかなか泣きやまないこともあります。

産後忙しくなる前に、産後のママの体のことや、母乳育児のこと、愛着形成のこと、あかちゃんとの生活のことを楽しく知りませんか?

「備えあれば憂いなし」のことわざがあります。

時代は変化しどんなに便利な世の中になっても育児の悩みは変わりません。

楽しくあかちゃんのことを学びましょう。

 

      3つ目の『ぶ』は、喜ぶのぶ。

妊娠期の過ごし方や安産のための体づくりや産後の育児のことを学び、より良い育児のスタートをしましょう

子育ての楽しさ、時に大変さをパートナーや、家族・友だちと分かち合え喜び合えたらいいですね。

 

そんな、あそぶ•まなぶ•よろこぶの3つの思いが詰まった会になるよう3つの“ぶ”をとりました。

 

最後に『ママ大学』とは、

育児とは創造力のいるクリエイティブなお仕事と思います。

そして、とても尊いものだと思います。

子育ての知識や知恵を学べるように、ママ大学としました。

詳しい活動日程に関してはコチラをクリック(^^♪

2021年度 

『ビジュアルプレママ・パパ講座

​お申し込み受付中

〇妊婦とそのご家族の方が対象です。

〇会費無料

2021年度 
​『金ケ作熊野神社にて、対面講座』
​お申し込み受付中

〇妊婦とそのご家族の方が対象です。

a.png